ながら運動

工夫が大切

冷え性対策でオススメなのが通勤時間などを利用して運動ができるながら運動です。

 

 

ながら運動とは、別のことをしながら運動ができるといった
同時進行の意味合いでメリットが多い運動になります。

 

 

日常の生活の中で同時進行でできるので効率が良いので取り入れてみても良いかもしれません。

 

ながら運動は、それほどハードな運動はありません、
少しの運動になりますが何もしない場合と比べると段違いの違いが出てきます。

 

 

血流を促すことができたり、対象上げることができるので、
効果を実感することができるでしょう。中でも、冷え性対策として行うのであれば、通勤通学途中の電車の中で行うことができます。

 

 

電車の中は、適度に揺れが発生するため、
バランス感覚を保つために、全身の筋肉がくまなく使われていることになります。

 

 

ここに足の指先の運動を加えることによって、
ふくらはぎからの足の血行が流されることになり、冷え性対策に良いとされています。

 

 

具体的な方法としてはとても簡単です、
つり革につかまってままきちんとたち、比較的、前傾姿勢になります。
足の指に力を入れることになります。

 

 

そして、また直立に戻します。これを何回も目的地に着くまで繰り返すのです。

 

 

この繰り返しの運動だけでも、つま先から血流が促されるため、
冷え性対策としてはとても良い運動になるのです。

読まれている記事ベスト3