春夏肌のお手入れ方法

寒い季節に向けて

春のお手入れ方法としては、空気中にたくさんある花粉やほこりにしっかりと注意することです。
特に花粉症の人は花粉が肌についただけでもかゆくなってしまったり赤くなったりししますよね。

 

ついてしまった花粉やほこりはなるべく早い時間帯にはだから排除することを目指さなくてはなりません。
その時に、ティッシュでゴシゴシとこすったり、クレンジングを何度もしてはいけません。
まずはぬるま湯で優しく異物を洗い流すことから始めましょう。

 

 

春になってくると化粧品も冬のように徹底的な保湿ではなく、
やや軽めのものに切り替えても良いかと思います。

 

 

保湿効果の高い濃くのあるクリームから肌なじみの良い乳液に変更してみたり、
洗顔料もホームからジェル状にしてさっぱりしたものを使うのも良いでしょう。

 

 

もし春先になってもまだ肌が乾燥しているのであれば、
冬用の保湿化粧品を使い続けても良いでしょう。

 

 

夏は紫外線においても、気温においても肌にとってとても大きな刺激のある季節です。
春はこの季節に向けての予防の季節とするのが良いでしょう。

 

 

夏の手入れとしては、紫外線対策が一番大事です。
紫外線は肌の老化を加速させてしまう大きな要因となります。

 

 

徹底的なケアが必要です。夏は汗や皮脂が多く分泌される季節ありますが、
基本として肌を乾燥させないことが重要です。

 

 

夏であってもローションパックや保湿美容液で、肌をきちんと乾燥から守ることが基本になります。
さらに、外出をするときにはしっかりとした紫外線クリームを必ずするようにしましょう。

 

 

日中も小まめに塗り替えることが重要です。気温が高い開放的な季節になってくると、
どうしても肌のお手入れに手抜きが生じてしまいます。
こういった季節だからこそきちんと冬の寒い季節に向けてお手入れを行っていくようにしましょう。

 

 

読まれている記事ベスト3