オイルクレンジング肌荒れ乳化

最近は化粧崩れしにくいメイクが人気ですよね。
つまり化粧崩れがしにくい落ちにくいメイクが人気という事は、
クレンジング力のあるものが必要になってくるということです。

 

 

そんな中、ダブル洗顔やトリプル洗顔は肌に必要なものまで奪い去ってしまうことになります。
自ら肌トラブルの起きやすい環境を作り出してしまうことになるのです。

 

 

化粧崩れしにくいメイクや、落ちにくいメイクというのはそれ相応の成分が含まれています。

 

つまり油となります。

 

この油を落とすにはオイルクレンジング内に一般的なものより多い界面活性剤が必要になってきます。

 

 

界面活性剤とは、水と油を混ぜ合わせるための製剤となります。
オイルクレンジングに入っている界面活性剤の旅は、食器を洗う時の合成洗剤に近いというデータもあります。

 

 

こういったことから考えてみてもオイルクレンジング剤は、
深刻な乾燥を招いてしまう可能性が高いのです。

 

オイルクレンジングを水と混ぜ、乳化させてから使うと化粧品の洗浄力が落ちます。

 

 

そのため、直接メイクにつけることが必要になってきます。
そうなってくると、顔にはぬめりが残ってしまうので、
何度も洗顔することになり、肌の乾燥を促進させることになってしまうのです。

 

 

読まれている記事ベスト3