顔のくすみ目立たせないメイク方法

くすみ対策メイク

顔のくすみを隠そうとして、肌の色よりも明るい色のファンデーションを選んでいる方が多いようです。
ですがそうすると顔だけが膨張してみえて、不自然になってしまいます。

 

 

ファンデーションは、基本的に自分本来の肌の色に合うものを選びましょう。
明るい色のファンデーションを塗ったからといって顔の部分は明るくなってしまいますが、
首の色と差がで過ぎてしまい逆にがんばって若作りしているイメージになってしまうことにもなります。

 

 

ファンデーションの色を重ねることで顔のくすみを隠そうとするのではなく、
ベースメークを一工夫してみることが大切です。

 

 

顔色を明るく見せるためには、光を反射させるハイライトや血色がよく見えるチークとして、
顔色を明るく見せるポイントメイクが有効です。

 

 

また、朝メイクしたばかりの時は、肌がきれいに美しく見えますが、
これはファンデーションの粉が肌に平均的な膜を作り、光を反射しているからです。

 

 

ですが時間が経ち皮脂が出てきてメイク崩れが始まると、膜がよれよれになってきて影ができてきます。

 

 

こういった影を作らないためにも、こまめにあぶらとり紙などで皮脂を取り、
上からフェイスパウダーを叩いて簡単にメイク直しができるベースを作っておきましょう。

 

 

この時、朝出かけるときのベースメイクを薄めにしておくことがポイントです。

 

あまり厚くしすぎてしまうと、メイク崩れがおきたときにヨレ出すことによってさらに凸凹になってしまい影を作り出すことになります。
朝出かけるときは極力メイクを薄くしておくことを心がけましょう。

 

 

 

読まれている記事ベスト3

関連ページ

顔のくすみ?血行不良
顔のくすみで血行不良改善するには?
健康なのに顔がくすんで見えるのは?
健康での顔がくすんで見える事について